社会福祉法人幸恵会 特別養護老人ホーム【中舘園】|小規模生活単位型介護老人福祉施設|ショートステイ|デイサービス|居宅介護支援事業

qrcode.png
http://nakadateen.com/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人幸恵会

特別養護老人ホーム 中舘園
デイサービスセンターいきいき
〒308-0005
茨城県筑西市中舘266番地2
TEL.0296-23-1880
FAX.0296-24-5050

-------------------------------------
小規模生活単位型特別養護老人ホーム
小規模生活単位型短期入所生活介護
通所介護
居宅介護支援事業所

-------------------------------------

 サービス付き高齢者向け住宅愉庵

〒308-0005
茨城県筑西市中舘262番地

(特別養護老人ホーム中舘園敷地内)

TEL.0296-54-6192
FAX.0296-54-6194

-------------------------------------

中舘園事業所内保育所てるてる

〒308-0005
茨城県筑西市中舘262番地

サービス付き高齢者向け住宅愉庵3階

TEL.0296-54-6159

038440
 

経口摂取へ向けて

 
 
胃ろうから経口摂取へ②

まず最初にしたこと。
それは「Mさんの状態把握」
入院中の主治医の見解、ご家族の意向、身体機能及び認知機能の評価など、スタッフ総出で状態把握に努めました。
その結果!
「口から食べる」という経口摂取に希望がもてることが分かったのです。
 
しかし残念なことに、当事者のMさんからは「食べたい」「お腹がすいた」という言葉は聞かれません。
そこで取り組んだことは
「生活のリズムを整える」こと。
入院前のMさんは起床から就寝まで、それはそれは規則正しい生活を送っておりました。私たちも見習いたいくらいでした
幸い、今回の入院による身体機能の低下はあまり見られず、介助方法や環境を工夫することで改善の見込みがあることも分かったのです。
 
看護師・介護員・機能訓練指導員・作業療法士がチームを組み
ベッドから起き上がる車椅子にのる椅子に座りかえる
といった一連の動きを確認し、活動範囲の拡大を図りました。
 
Mさんから「トイレにいきたい」という言葉が聞かれたこともあり、「トイレで排泄をする」というところまで、スムーズに運ぶことができました。
午前中だけだった離床の機会を、午前と午後に拡大し、徐々にリビングで過ごす時間を増やしていきました。
<<社会福祉法人幸恵会 特別養護老人ホーム 中舘園>> 〒308-0005 茨城県筑西市中舘266番地2 TEL:0296-23-1880 FAX:0296-24-5050